五島フェリー発着「長崎港ターミナル」長崎市大波止
(フェリー長崎・フェリー福江)
九州商船の五島フェリーは、このたび船体の新旧交代が行われ、従来就航の「フェリー長崎」と「フェリー福江」は退役しました。代って新船の「フェリー万葉」と「フェリー椿」の2隻が就航しています。当サイトの下記内容は現状にマッチしていない部分があります。参考までに御覧ください。 
新船情報はこちらからどうぞ → 新船「フェリー万葉」 & 新船「フェリー椿」




【五島フェリー】
長崎市大波止(地図)にある長崎港ターミナル(ビッグビット)は長崎の海の玄関口である。ここからは長崎の西海上100kmのところに位置する五島や上五島、長崎港口にあるリゾートの島伊王島、コバルトブルーの海の楽園高島等を結ぶ定期旅客船が発着している。また長崎港クルージングの遊覧船が出航しており、グラバー園がある南山手や東山手の洋館群、三菱重工業(株)長崎造船所や夜景で有名な稲佐山、平成17年12月に完成した長崎の新しいシンボル女神大橋等を海上から見ることができる。長崎五島間のカーフェリーは九州商船の「フェリー長崎」と「フェリー福江」の2隻が運航していて、五島列島の大小合わせて130の島々の生活を支える動脈航路として五島長崎間を毎日往復している。





長崎港ターミナルビル(ビッグビット) 
平成7年10月完成の長崎港ターミナルビル(ビッグビット)。 手前の巨大アンカー(いかり)は大正時代以前に製作され、港内の係船ブイを固定するため使われていたもの。てっぺんには赤い標識灯がちょこんと付いていて港のシンボルを兼ねて灯火の台座となった。右奥に写っている建物は大型商業施設「夢彩都」。五島への行き帰り時の買い物に便利だ。






長崎港五島フェリー岸壁
五島フェリーが接岸する大波止岸壁。
向こうに見える建物は長崎唯一の高層(28階建)マンション
「タワーシティ長崎」
赤い橋は稲佐地区と結ぶ旭大橋





長崎港五島フェリー(フェリー長崎)
車両積込み中の「フェリー長崎」。
船首側が観音開きになっていて、そこから車を積み込んでいる
長崎港五島フェリー(フェリー長崎)
車両積込みが終わり観音開き扉が閉まる
五島フェリー(フェリー長崎)長崎港出航
長崎港を出航する「フェリー長崎」。右上の端に写っているのは稲佐山展望台
五島フェリー&三菱重工業(株)長崎造船所
三菱重工業(株)長崎造船所の前を通過する「フェリー長崎」。造船所では大型タンカーが造られている
五島フェリー(フェリー長崎)長崎港出航
長崎の新しいシンボルとなった女神大橋へ向かって
走行する「フェリー長崎」



近年、長崎港は整備され、港の風景もずいぶん変化してきた。常盤出島地区には、古めかしい倉庫群が海へ突き出たように建ち並んでいて港の景観を損ねていたが、その倉庫群が移転し、跡地には「長崎水辺の森公園」「長崎出島ワーフ」「長崎県美術館」等が完成した。よって、市街地から港への景観が開かれ、多くの市民や観光客に親しまれるようになった。長崎水辺の森公園では「長崎帆船まつり」等のさまざまイベントが開催され、盛り上がりをみせている。





Copyright(C)2006-2017 shirasakisekkei All right reserved.
文章作成にあたり「長崎さるく博’06さるくコースマップ元船・出島みなと界隈」のパンフレットを資料として使わせていただきました(管理人)

【HOME】