長崎「女神大橋ヴィーナスウイングー観光
長崎新名所の斜張橋



【長崎女神大橋】
平成17年12月11日、長崎港口(地図)に女神大橋(別名:ヴィーナスウイング)が開通し、長崎の新名所が誕生しました。 ということで18年元旦に初めて見物に行ってきました。あいにくの曇り日で写真の出来が今一ですが、とりあえずUPします。今度は晴れの日を見計らって写真撮りに行きたいと思います。【晴れの日の女神大橋



戸町側駐車場より橋を見上げる。 戸町側橋の付け根より見る。

【長崎女神大橋】
長崎女神大橋は地域高規格道路長崎南環状線の一部をなすもので、女神大橋(愛称「ヴィーナスウイング」)が大部分を占める。国道202号と国道499号を長崎市街を通らずにショートカットしており、福田・神の島方面〜野母崎・香焼・茂木・長崎道方面の所要時間を大幅に短縮している。また通行料が安い(軽自動車等100円 普通車100円 中型車100円 大型車150円 特大車300円 軽車両等10円)ことから、交通量も多い。女神大橋は海面からの高さは65mで日本一、斜張橋としては九州一。橋の長さ1289mで全国で6番目の長さとのこと。歩道は散歩コースになっている。




戸町側橋より三菱香焼造船所を望む。 戸町側橋より戸町側主塔を見上げる。
戸町側主塔をアップで見上げる。 木鉢側より木鉢側主塔を見上げる。
橋中央あたりから出島方面を見る。 戸町側主塔きわより管理人が住む住吉方面を望む。
長崎港大波止岸壁より五島行きフェリーが出航してくる。 だんだん橋に近づいてくる。
橋の下に差し掛かる。 戸町右側歩道より木鉢側を見る。
女神大橋開通記念ウォーキング大会
の記事です。
記事拡大

文章作成にあたりWikipedia日本語版より一部引用
Copyright(C) 2006-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved.

【トップへ】