五島フェリー・椿|九州商船カーフェリー|長崎五島航路
大波止フェリーターミナルビル
(長崎港大波止〜福江港〜奈留島〜奈良尾港〜長崎港大波止)



【長崎港大波止】
長崎市大波止(地図)にある長崎港ターミナル(ビッグビット)は長崎の海の玄関口であります。長崎港大波止からは長崎の西海上100kmのところに位置する五島や上五島へ、また長崎港口にあるリゾートの島伊王島やコバルトブルーの海の楽園「高島」と結ぶ定期旅客船が発着しています。グラバー園がある南山手や東山手の洋館群、三菱重工業(株)長崎造船所や夜景で有名な稲佐山、平成17年12月に完成した長崎の新しいシンボル女神大橋等を海上から見ることができる長崎港を巡るクルージングの遊覧船も出航しています。長崎五島間のカーフェリーは九州商船の「フェリー万葉」と「フェリー椿」の2隻が就航していて、五島列島の大小合わせて130の島々の生活を支える動脈航路として五島長崎間を毎日往復しています。



↓ 【五島フェリー時刻表・運賃表 2017.9.1〜2018.1.8】 ↓
九州商船フェリー/時刻表・料金表
↑ この時刻表は五島フェリーの乗船窓口で入手したパンフレットの時刻表・運賃表です。
(平成29年9月13日現在、変更無いことを確認しましたが、詳しくは運航会社〔九州商船電話番号095-822-9153〕へお問い合わせ下さい)
平成29年9月21日から10月4日の14日間は「椿」のドック期間となり、上記ドックダイヤ時刻となります。




【五島フェリー】
五島フェリーは長崎市大波止と五島列島を結ぶカーフェリー定期航路です。長崎市に本社がある九州商船(株)が運航しています。この五島フェリーは
@福江港(五島市)〜 奈良尾港(新上五島町) 〜 長崎港 A長崎港〜 福江港(五島市) 〜 奈留島(五島市) 〜 奈良尾港(新上五島町) 〜 長崎港 B長崎港〜 奈良尾港(新上五島町)〜 福江港(五島市)〜 長崎港 C長崎港〜 福江港(五島市)の4種類の航路を一日1便ずつ、合計4便の変則航路で航行しています。


↓ 長崎港ターミナルビル(ビッグビット)】 ↓
長崎港ターミナルビル(ビッグビット)
平成7年10月完成の長崎港ターミナルビル(ビッグビット)。 手前の巨大アンカー(いかり)は大正時代以前に製作され、港内の係船ブイを固定するため使われていたものです。てっぺんには赤い標識灯がちょこんと付いていて港のシンボルを兼ねて灯火の台座となりました。右奥に写っている建物は大型商業施設「夢彩都」です。五島への行き帰り時の買い物に便利ですね。





長崎港ターミナルビル内
五島フェリー乗船窓口。
長崎港ターミナルビル内・切符売場。

長崎港ターミナルビル内
五島フェリー乗船窓口。
長崎港ターミナルビル内・切符売場。

↓ 【「長崎帆船まつり」に参加のため、長崎港へ寄港中の海の貴婦人「帆船・日本丸」】 
帆船日本丸と五島フェリー「椿」
「長崎帆船まつり」に参加中の帆船「日本丸」と五島から長崎港へ帰港の五島フェリー「椿」。先に見える橋は女神大橋です。

五島フェリー「椿」
長崎港。
五島フェリー「椿」。

五島フェリー「椿」
長崎港。
五島フェリー「椿」。

五島フェリー「椿」
↑長崎港へ帰港の五島フェリー「椿」。
電波塔が建っている山は夜景見物で有名な稲佐山です。







五島フェリー「椿」
長崎港大波止岸壁に接岸の五島フェリー「椿」。


五島フェリー「椿」
長崎港大波止。
五島フェリー「椿」。
長崎港大波止五島フェリー「椿」
長崎港大波止。五島フェリー「椿」。
大波止フェリー可動式桟橋から車両の下船が終わりました。


↓ 【五島列島から長崎港大波止へ帰港の五島フェリー「椿」】 ↓ 
長崎港大波止五島フェリー「椿」
長崎港大波止。
五島フェリー「椿」。ブリッジ下のツバキのイラストが見えます。
五島フェリー「椿」
五島フェリー「椿」。
ブリッジ下にはツバキのイラストが描かれています。

        
長崎港大波止五島フェリー「椿」
五島フェリー「椿」。
ロープでしっかり固定されています。

長崎港大波止五島フェリー「椿」
五島フェリー「椿」。
長崎港大波止岸壁。

【五島フェリー「椿」】
長崎五島間のカーフェリーは、従来「フェリー長崎」と「フェリー福江」の2隻が就航していましたが船体の新旧交代が行われ、2011年4月17日新船「フェリー万葉」、2012年12月1日新船「フェリー椿」がそれぞれ就航しました。「フェリー椿」は1,559総トン、全長86.5m、幅14.5m、航海速力18.0ノット。旅客定員482名。車両積載数 : トラック(8t換算)18台の性能を持っています。船名は一般公募をもとに、長崎県の県木で、就航先となる五島市のシンボルでもあるツバキより命名されました。ブリッジ下にはツバキのイラストが描かれています。前年に就航した「万葉」と同じく「離島地域交流促進基盤強化事業」の補助金により建造されましたが、姉妹船ともいえる「万葉」の設計を一部見直し、更なる省エネ・高速化が図られています。従来就航していた「フェリー長崎」や「フェリー福江」と比較して高速化がなされたことにより、所用時間が短縮されました。また、エレベーターや車椅子での利用が可能な船室が設けられるなど、バリアフリーに対応しています。




Copyright(C) 2005-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved.


【HOME】