白鶴浜海水浴場・天草の砂浜・天草の海風景
(熊本県天草市天草町高浜)

  

【白鶴浜海水浴場】
白鶴浜海水浴場は熊本県天草市天草町高浜にある白砂青松の海水浴場である。白い砂浜が約1.3km続き、上から見ると弓なりになっている白い砂浜の海岸線は、鶴が羽を広げたような形(上空写真)に見えるため、白鶴浜と名がついた。2006年に環境省が選定した、全国各地の100ヶ所の水浴場である「快水浴場百選」にも選定されている。近年、養浜工事が施され、砂浜の形質は変わったが、海の青さと潮の香りは昔のままである。
【白鶴浜地図】

---皆さんも、ぜひ天草観光をお楽しみください。---





白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
←北側 十三仏崎の高台より見る白砂青松の白鶴浜海水浴場。 南側→




Grace&Lucere ミネラルルースパウダー

日焼け防止







白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜の南側。








白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜の南側。この日は波静かな海辺だった。
白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)キャンプ場
キャンプ場の入り口の松林。









白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)キャンプ場
松林の中にキャンプ場がある。






白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜の北側から見る南側海岸。









白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜北側より南側にある高浜港を見る。
白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
北側から見る白鶴浜南側の全景。


天草・白鶴浜は夏の海水浴シーズンはたいへんな賑わいをみせるが、最近は、秋や寒い時期の冬の海(冬の白鶴浜)でもサーフィンを楽しむ若者で賑わう。東シナ海から押し寄せるうねりをともなうビッグウェーブがサーファーを楽しませているのである。彼らはネットで配信されている波情報をキャッチして、サーファーにとっていい波の日を狙って白鶴浜へやってくるらしい。子供たちの夏休みが終わり、海水浴場から潮が引くように人もいなくなって寂しくなっていた(歌の世界ではないけれど「もう誰もいない海」)という物悲しい海のイメージは今は無いようである。





白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜の南側から北側の十三仏崎を見る。









白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
白鶴浜の南側から北側の小崎(こざき)を見る。
白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
北側は養浜工事が施され、人工砂浜になった。









白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
地区住民が高波の危険に晒されるようになり、
浜には松の木が植栽された。
白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
南側から見る白鶴浜北側全景。









白鶴浜海水浴場(熊本県天草市)
「もう誰もいない海」の寂しい気持ちになる海の風景は、
秋風が吹くこんな感じの海辺だったような・・・。
先に見えるのは十三仏崎と灯台。
海に浮かぶ瀬は高ウゥ瀬。




【天草の道路事情】
現在、天草最北部の鬼池港から南の牛深までの天草西海岸の道路事情はたいへん良くなった。昔は自動車が離合できないような狭い道路が続き、曲がりくねった危険な坂道を通らなければならなかったが、今では険しい山にはトンネルが貫通し、谷には幅広い橋が架かり、下田地区の一部分を除いて2車線の直線道路が走っている。白鶴浜まではもちろん、大江天主堂、その先にある崎津天主堂まで行くにも完全に道路が整備され、安全運転で走行できるようになった。マイカーで詩情豊かな天草の旅を楽しむには、たいへん便利になった。
 
---皆さんも、ぜひ天草観光をお楽しみください。---



Copyright(C) 2005-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved.


【HOME】