崎津天主堂|カトリック教会|海の天主堂
(天草市河浦町崎津地区)




【崎津天主堂】
崎津天主堂は熊本県天草下島の河浦町崎津地区に建つカトリック教会である。崎津地区は漁業の町であり、天主堂は波静かな羊角湾の中の海辺に建っている。故に「海の天主堂」と呼ばれているという。『教会が建つ漁港一帯は平成8年日本の渚百選「キリシタンの里崎津」に選ばれ、平成13年には日本のかおり風景100選「河浦崎津天主堂と海」に選ばれている(天草市HP情報)。』 崎津天主堂は明治19年(1886)に木造で建てられたが、のち昭和9年(1934)にハルブ神父によって現在の位置に石造で改築された。崎津天主堂は天上へくっきりそびえたつ暗灰色の尖塔が特徴のゴシック建築様式で建てられている。その天主堂の美しさは崎津の港の風景をいちだんと際立たせている。施工は長崎の教会建築の名棟梁・鉄川与助が担当した。
(地図)





崎津天主堂/天草の教会
波静かな羊角湾。






崎津天主堂/天草の教会
崎津天主堂は
奥まった湾の中に建つ。
崎津天主堂・天草の教会・民家の屋根の上にそびえたつ天主堂の尖塔が見える。
民家の屋根の上にそびえたつ天主堂の尖塔が見える。







西日を受けて尖塔が輝いて見える崎津天主堂
西日を受けて尖塔が輝いて見える崎津天主堂。








対岸の道路公園より崎津天主堂を見る
対岸の道路公園より
崎津天主堂を見る。









崎津天主堂のそばには漁港があり漁船が係留されている
天主堂のそばには漁港があり
漁船が係留されている。
崎津天主堂・西日を受けてキラキラと光る海。天主堂の屋根瓦も、西日が当たってひときわ輝いている
西日を受けてキラキラと光る海。天主堂の屋根瓦も、西日が当たってひときわ輝いている。山の上に建っている十字の工作物はチャペルの鐘展望公園にある鐘のモニュメント。『諏訪宮の鳥居を潜り513段の石段を登った頂上は、羊角湾・東シナ海が一望できる野外音楽形式の展望所となっており、途中には四季折々の花が咲き、多くの恋人たちが訪れるとのこと(天草市HP情報)』






崎津天主堂・民家が建て込んだ路地
民家が建て込んだ路地を進むと





崎津天主堂の門柱が見えてくる。
崎津天主堂の門柱。天主堂入り口横では、地元の農産物や海産物の特産品を売っていた
崎津天主堂の門柱。天主堂入り口横では、
地元の農産物や海産物の特産品を売っていた。
路地のすぐ先は青々した海である。



  ←
     門柱から左側を見ると
     ↓
       天主堂正面が見える。

崎津天主堂正面
崎津天主堂正面。








崎津天主堂・窓にはステンドグラスが嵌められている
窓にはステンドグラスが
嵌められている。
崎津天主堂・そびえ立つ尖塔。尖塔の上には十字架が掲げられている
そびえ立つ尖塔。尖塔の上には十字架が掲げられている。









崎津天主堂・正面入り口
正面入り口。
崎津カトリック教会(天主堂)の由来記

崎津天主堂・勝海舟宿泊所跡
崎津カトリック教会(天主堂)の由来記(説明板より転写)
崎津教会は、アルメイダ神父により1569年(永禄12年)2月23日に建てられ、ここを中心にして、キリスト教は天草に栄えたのでした。然しながら、1638年(寛永15年)の禁教令が天草で実施されてから崎津では特に激しい迫害の嵐が吹きあれました。公然と信仰を明らかにすることを禁じられたキリスト教徒は、隠れキリシタンになり、ひそかに真夜中に一緒に集まって神を礼拝し、お祈りを献げていました。隠れキリシタン達は、生命や財産の危険をもかえりみず信仰こそ何物にも勝る宝であり、幸福の源泉であると確く信じていました。この宝を子孫に伝えるために7人の村人を先生として選び、「水方(みずかた)」と名付けました。此の名は水方の仕事の一つである洗礼の儀式から取られたものです。即ち、洗礼の儀式では魂の浄めのシンボルとして、水を注ぐことが必要とされるからです。
キリスト教を狩り出すために、踏絵が毎年行われました。明治5年(1872年)にキリシタン禁制の高札が廃止されるや、神父は、240年ぶりに再び崎津に帰ってきて、隠れキリシタンから熱烈な歓迎をうけました。かくして2世紀半の間、文字通り隠れて守り抜いた先祖代々の信仰を公に行うことの出来る新しい時代が訪れたのです。此の教会は明治以来三度建て直され、現在のものは長崎の鉄川与助の施工によるゴジック風建築であります。正面の祭壇のある場所で迫害時代に厳しい踏絵が毎年行われていました。現在この教会は崎津の四百名のキリシタン信者の祈りの家として、毎日使用されます。わざわざ訪れて下さった皆様もどうぞ御自由にお入り下さいませ。(尚、神聖な場所ですので、お静かにお祈り下さいます様お願いします。世界に平和が訪れるよう神に祈りましょう。自分自身の言葉でお祈り下さっても、教会の入口に置いてある、祈りのしおりを使ってお祈り下さっても結構です。平和の願いをこめて神に祈る時、もはやあなた方は単なるキリシタンの夢の島への歴史の探究者ではありません。平和な世界の協力者、平和のための巡礼者となられるのです。
キリストは次のように約束なさいました。「平和のために働く人は幸いである彼らは神の子らと呼ばれるのであろう。」


勝海舟宿泊所(説明板より転写)
1857年(安政2)10月、練習艦「観光丸」の艦長として天草に来航した勝海舟は、富岡(苓北町)などをへて崎津に寄港。現在の崎津教会の場所にあった庄屋・吉田家に宿泊した。





崎津天主堂・民家が建て込んだ路地裏に威風堂々と天主堂がそびえ立つ
民家が建て込んだ路地裏に威風堂々と天主堂がそびえ立つ。




健康茶なのにおいしい!【万能茶(粋)】熊本・阿蘇の麓にある村田園の『万能茶(ばんのうちゃ)』

送料無料のお試しセット(1,000円)村田園の万能茶・粋

Copyright(C) 2005-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved.


【HOME】