長与町「菜の花まつりin高田(こうだ)」
長崎県西彼杵郡長与町高田郷JR長崎本線高田駅横さくら通り公園


【菜の花まつり】
長崎市に隣接する長与町は、長崎市のベッドタウンとして発展してきた人口4万2000人の町である。その長与町のJR高田駅横さくら通り公園では、毎年「菜の花まつり」が開催される。毎年春になると、JR高田駅を中心に上下数キロの線路敷きには、菜の花の黄色い花が咲き誇り、人々の目を楽しませてくれる。「菜の花まつり」開会式の前には、「景観・環境・郷土」のテーマの下、参加者が会場周辺でごみ拾いを実施したり、桜の木の記念植樹が行われた。開会式の後には、大型トラックの荷台を利用したステージでミニコンサート等のイベントが行われ、会場では千人分の豚汁も振舞われた。訪れた人たちは、満開の桜と菜の花に囲まれながら、春の一日を楽しんだ。
 【会場地図】


【第15回菜の花まつりin高田】

開催日:平成27年4月5日(日)10:00~15:00    場所:長崎県西彼杵郡長与町 JR高田駅横さくら通り公園

昨年(平成26年)の菜の花まつりのようすはこちらからどうぞ → 第14回菜の花まつりin高田




JR高田駅ホームよりJR高田駅横さくら通り公園の桜と線路敷きの菜の花を見る。

咲き誇った菜の花を毎年見る度に「線路敷きに自生したには不自然な生え方だなぁ」と不思議に思っていたが、ふるさとの美しい景観を守り育てようと、住民有志が10数年前から菜の花を植栽していたとのこと。




JR高田駅横さくら通り公園では、菜の花と桜が同時に咲き誇っている。まつりとしては最高のタイミングでしたね。




JR高田駅。長崎駅より到着した長与行きの列車。乗客も車窓から見える菜の花に心が和むのでは。左の道路は長崎県道33号長崎多良見線。





JR高田駅ホームより線路敷きの菜の花を見る。線路は長与駅へと続く。まつり開会に先立ち、参加者が会場周辺のごみ拾いを行っている。線路沿いに走っている道路は長崎県道33号長崎多良見線であり、走行中の車中から菜の花がよく見えるので、毎年春になると楽しませてもらっている。





JR高田駅。

JR高田駅。
まつり臨時駐車場になっていたmarumitsu駐車場屋上より。

高田川を挟んで会場のJR高田駅横さくら通り公園。

JR高田駅横さくら通り公園の桜並木と
JR長崎本線線路敷きの菜の花。

会場入り口の風船ゲート。

子供たちに人気の出店。

桜の下で、昔ながらの杵と石臼で餅つき。
ご夫婦でしょうか?息がピッタリです。

植木販売の出店。

会場ステージは高田川を隔ての大型トラックの荷台。すぐ上の建物はまつり臨時駐車場になっていたmarumitsu駐車場。
奥に見えるマンションは1998年に完成のフォーレツインキャッスル。



ステージ出来上がり。

同時開花の桜と菜の花。

線路の両脇は菜の花が満開。線路は終着駅の長崎駅へと続く。


【当サイト長与町関連ページ】

  長与町「長崎天然の湯ゆりの温泉」 

長与町「2006長与商工まつり」 |長与町「2005長与商工まつり」


長崎県長与町「中尾城公園桜・春爛漫花盛り」 長与町「中尾城公園・スパイラルスライダー」 


Copyright(C)2008-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【トップへ】