外海ー「黒崎教会」「遠藤周作文学館」ー長崎
長崎県長崎市(旧長崎県西彼杵郡外海町)


赤レンガの黒崎教会。外海町は管理人のふるさと天草町と同じく、隠れキリシタンの里があることで有名である。天草町の隠れキリシタンの里大江地区に大江天主堂という白亜の教会があるが、長崎の教会建築の名棟梁・鉄川与助が昭和7年に造っている。





黒崎教会 小高い丘に建つ外海町
黒崎教会。
黒崎教会 正面入口にはマリア像が
建っている。

黒崎教会は遠藤周作の
小説「沈黙」の舞台となった教会でも有名である。
外海町にある
遠藤周作文学館。(地図)

斜面に迫り出した館内レストランからは東シナ海が
一望でき、すばらしい景観
が広がる。
若いカップルがドライブの
途中立ち寄り、愛と文学を
語るには最高の場所である。(と管理人は思う)
遠藤周作文学館






文学館内部エントランスホール。

展示室は撮影禁止であるが、ホール

までは撮影が許されている。

遠藤周作文学館
遠藤周作文学館 テラスから松島方面を望む。この日

は曇ったり晴れたりで、天気がいまいち

だったが、帰る時になって急激に晴れ間

が広がってきた。ここで記念写真を撮る

には最高の場所だ。
遠藤周作文学館より出津教会を見る 遠藤周作文学館から北方向に出津(し

つ)地区がある。白い塔が何本か立っ

ている建物が出津教会。なだらかな南

斜面に民家が建っている。ちょうど天草

町大江地区も地形的に、こんな感じでよ

く似ている。

東シナ海の水平線に沈む夕陽が美しい

のも天草町と同じである。
文学館展望所から南方向を見る。

西日を受けて眩しい光る海が続く。

遠くには野母崎半島が見える。
遠藤周作文学館
文学館の上の道路より南方向を望む。

遠くに高島と軍艦島が並んで見える。

その先に野母崎半島が見え、またその先

は天草へと続く。

昔、天草陶石の運搬船・順幸丸はここ

外海町沖を通過して佐世保早岐、川棚

に陶石を運んだ。
遠藤周作文学館より野母崎半島を見る




Copyright(C) 2005-2017 シラサキ設計 All Rights Reserved.

【戻る】