道の真ん中に大木! 長崎公園“諏訪の杜”のクスノキ
長崎諏訪神社は樹齢700~800年のクスノキの大木がうっそうと茂る“諏訪の杜”の中に威風堂々と鎮座しています。周囲には近代的なビルが立ち並んでいますが、諏訪の杜だけは時間が止まったような昔ながらの風景が残っています。10月7、8、9日に開催される諏訪神社の秋の神事「長崎くんち」では、毎年違う奉納踊りが境内踊り馬場で披露され、アンコールの意味の「モッテコーイ!」の掛け声が秋空に響き渡ります。その諏訪神社に隣接する長崎公園”諏訪の杜”内を走る坂道の真ん中には、これまた諏訪神社同様、御神木のクスノキの大木が見事に鎮座しています。
【長崎公園諏訪の杜地図】



“諏訪の杜”の中に威風堂々と鎮座している長崎諏訪神社。大門の横には国旗の日の丸が誇らしげにたなびいています。





長崎公園“諏訪の杜”内を走る急坂な道路の真ん中には、7本のクスノキの大木、御神木が立ち並んでいます。





道路の真ん中に立つ御神木のクスノキ。


御神木に車も遠慮しながら?の通行。


幹には交通事故防止用の反射板が巻きつけてあります。

バイクはスイスイお通りです。

どっしりと道の真ん中に鎮座する長崎公園“諏訪の杜”の御神木クスノキ。諏訪神社同様威風堂々としています。

【六角堂(かすみ路)】
御神木が道の真ん中に立ち並ぶこの坂道【六角堂(かすみ路)】は長崎諏訪神社境内とつながる長崎公園の中にあります。長崎公園は明治6年(1873)太政官布告により制定された長崎で最も古い公園で公園内の池には日本で初めて設置された噴水が復元されて残っています。そのくらい古い公園ですから、元々車が走るような道は無かったわけです。樹齢何百年のクスノキの森があり、その中に昔は人が通れるほどの細い山道があった。それを車社会になって車が通れるようにと拡幅した。しかし御神木を切るのは恐れ多くてできない。だから御神木を避けて道路を造ったというのが真相のようですね。長崎市は全国的に有名な坂の街です。坂の上の街へ行くには遠回りして行くことが多く、近道としてこのように無理して造った坂道がたくさんあります。この坂の登り口辺りには急なS字カーブ(地図)が二重三重に在ったりして、運転技術が未熟なドライバーが運転するには少々むずかしい道路です。交通事故には十分気をつけたいですね。






長崎公園”諏訪の杜”の紅葉。


秋にはやわらかな木漏れ日の中、公園の紅葉を見ながらの
散策も風情があります。
熊本・阿蘇の麓にある村田園の『万能茶(ばんのうちゃ)』は、どくだみ・はぶ茶・くま笹など様々な天然素材を配合した健康茶です。
  
健康茶なのにおいしい『万能茶』送料無料のお試しセット(1,000円)村田園の万能茶・粋


  
髪を染めるとかゆくなる・・と、お困りの方へ≪サスティ≫自宅で簡単、さらに経済的!こんな白髪染めが欲しかった!
Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.

【トップへ】