外海 ー|黒崎教会|黒崎海岸|ー 長崎
長崎市上黒崎町(旧西彼杵郡外海町)



【長崎・黒崎海岸】
長崎市(旧西彼杵郡外海町)黒崎地区は隠れキリシタンの里として有名である。黒崎海岸(地図)から見る美しい表情の大海原の傍らでは、昔から深い信仰と愛に満ちたドラマが繰り広げられ、今もその面影が見え隠れしている。黒崎海岸は今やサーファーたちに人気の海岸ではあるが、キリシタン迫害時代、自らの信仰を貫ける新たな定住地を海の向こうの五島列島に求め、信徒の人々が命がけで船出した場所でもある。





黒崎海岸/長崎外海
【外海町黒崎海岸】




【遠藤周作文学館】
青々とした海。水平線の向こうには五島列島があり、キリシタン迫害時代、信徒たちは信仰を貫くため新たな定住地を求め五島に逃れた。今の五島に住むカトリック信徒はその昔、外海町から移り住んだ人たちの子孫が多いと聞いたことがあるが受難の歴史が背景にあったのだ。
白いビルの右側の奥まったところの小高い丘に黒崎教会がある。 正面のボコッとした山は城山という名の岩山である。あの山の裏側に「遠藤周作文学館」と道の駅「夕陽が丘そとめ」がある。




黒崎海岸/長崎外海
【外海町黒崎海岸】





黒崎教会/長崎               丘の上に建つ黒崎教会
黒崎教会/長崎
教会の正面入口にはマリア像が建っている。
黒崎海岸を見下ろす小高い丘に黒崎教会が建っている。大正9年(1920)、ド・ロ神父の指導で完成した煉瓦作りの美しい教会である。付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたとのこと。

【外海黒崎教会地図】

黒崎教会/長崎
正面入り口に建つマリア像がやさしく迎えてくれる長崎・黒崎教会

【長崎・黒崎教会】
信徒たちが奉仕と犠牲の結晶として一つ一つ積み上げた煉瓦造りの聖堂。正面入り口に建つマリア像がやさしく迎えてくれる。簡素な構成が煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行の内部のステンドグラスが印象的である。黒崎教会は遠藤周作の代表作「沈黙」の舞台となった教会でも有名である。



Copyright(C)2006-2017 shirasakisekkei All right reserved.
文章作成にあたり「長崎さるく博’06さるくコースマップ外海界隈1」を資料として使わせていただきました(管理人)

【トップへ】