長崎港|豪華客船サファイア・プリンセス
長崎市|松ヶ枝国際観光埠頭

SAPPHIRE PRINCESS



【サファイア・プリンセス】
2006年9月30日、世界最大級の豪華客船サファイア・プリンセス号(11万6000トン)が長崎港松ヶ枝埠頭(地図)に接岸していた。北太平洋横断クルーズの航海でアラスカ、ロシアカムチャッカ半島、そして日本へ。室蘭、横浜に寄港し、この日の朝、長崎港に入港したとのこと。この日は長崎市内のあちこちで外国人を見かけたが2600人の乗客の方たちが市内観光で歩き回っていたんですね。市内を車で走っていた管理人は予定を変更して大浦松ヶ枝埠頭に行き、サファイア・プリンセスを間近で見てきました。






松ヶ枝国際観光埠頭
サファイア・プリンセスの右後方より写す。全長290m 全幅37.5m 乗客定員2,670人(1室2名)


【地球環境に配慮】
豪華客船サファイア・プリンセス号は、とにかく長い!高い!デカイ! 船体の巨大さに家族と共に、久しぶりの感動を覚えながら帰ってきました。日本で建造された客船としては史上最大。最新鋭の超大型ラグジュアリー客船でディーゼルとガス・タービンを組み合わせた発電機、海洋に一切投棄しない廃物処理装置の採用など、地球環境に配慮した客船としても注目されているとのこと。インターネットで調べてサファイア・プリンセスのことがいろいろ分かりました。今度は見て感動ではなく、実際乗ってクルーズして感動したいナ。早く、宝くじ当たらないかな〜。




前方より写す。隣にある旧ロマン長崎5階建てビルより、はるかに高い。後方に見えるのは長崎新名所の女神大橋。



前方斜めより


水辺の森公園より
  

対岸の飽の浦町・三菱重工業(株)三菱長崎造船所側より



稲佐山中腹の秋月町より写す。サファイア・プリンセスの後向こう側は観光で有名な大浦天主堂、グラバー園がある南山手地区。
手前のクレーンは三菱重工業(株)三菱長崎造船所の大型クレーンの一部。

旅は飛行機の旅、列車の旅、船の旅といろいろありますが、サファイア・プリンセスのクルーズ日程を見ると全部の旅が楽しめるようですね。寄港地まで飛行機で飛んだり、列車で乗り継いだりして乗船し、1区間だけでもクルーズを楽しむという方法もあるのですね。豪華客船での旅は、てっきり全航海を船に乗って全世界を旅する大富豪たちの旅というイメージでしたが、1,2区間だけ豪華客船で船旅を満喫することもできることを知りました。2区間以上を連続して乗船する場合、連続乗船割引が適用される場合があるようです。インターネットで検索するだけでも、全世界をクルージングしている気分になれます。



SAPPHIRE PRINCESS


トクー!トラベル10都市から選べる、豪華ヨーロッパ旅行が当たる!
Copyright(C)2006-2017 shirasakisekkei All right reserved.
【戻る】