2018長崎ランタンフェスティバルはいつから?
2018長崎ランタンフェスティバルは平成30年2月16日から開催です!

開催日は2018年(平成30年)2月16日(金)〜3月2日(金)までの15日間の日程です。 
皆さん、2018年の長崎ランタン祭りへぜひお越しください!




↓当サイトの下記内容は過去のランタン祭りの様子です参考までに御覧ください。

2011長崎ランタンフェスティバル(2011長崎ランタン祭り)
湊公園会場

長崎の冬の風物詩となった長崎ランタンフェスティバル(長崎ランタン祭り)が今年(平成23年)も開催されます(2/3〜2/17まで)。『長崎在住の華僑の人々が中国の旧正月(春節)を祝うための行事で「春節祭」として新地中華街を中心に行われていたのが、平成6年から規模を拡大し,今や長崎全体の祭りとして発展、観光客にも人気のイベントになっています(長崎市観光推進課)』。期間中は長崎新地中華街はもとより、浜市アーケード・観光通りアーケード眼鏡橋長崎中央公園、湊公園等の市中心部にランタンが飾られ長崎の街を彩ります。2月3日、管理人は長崎ランタン祭りのメイン会場でメインオブジェが置かれている湊公園会場に立ち寄り、点灯式の前の昼間のようすを写真に収めてきました。長崎ランタン祭りは開催期間が結構長いので何回も行って楽しめます。みなさんも長崎の冬の風物詩「長崎ランタン祭り」を、ぜひご覧になってお楽しみください。(平成23年2月3日管理人)



湊公園会場地図
長崎ランタンフェスティバル2011メインオブジェ「玉兎(ぎょくと)」
【2011長崎ランタンフェスティバルメインオブジェ「玉兎(ぎょくと)」】
干支のうさぎにちなんでうさぎをモチーフにしたメインオブジェ。うさぎが不老不死の薬をきねで突く様子を表した「玉兎(ぎょくと)」と言うメインオブジェ。管理人には女優の「松金よね子」の若い頃に似ている天女が印象的でした。










うさぎの下で鶴と舞っている天女を表現しているのでしょうか。









点灯式後の夜に見ると、光輝いて、
幻想的に見えただろうと思います

長崎ランタンフェスティバル2011メイン会場・湊公園会場
メインオブジェ「玉兎(ぎょくと)」の前で記念写真を撮る観光客?




「玉女送福(ぎょくじょそうふく)」
メインオブジェの向かって右側に設置されていた「玉女送福(ぎょくじょそうふく)」のオブジェ。中国吉祥図の絵柄より製作したとのこと。玉女とは玉のように美しい女性のことで幸福をもたらしてくれるらしい。ちなみに金童玉女といえばベストカップルの意味だそうです。(説明板より)










湊公園会場ステージ側を見る。








会場の廻りにはさまざまなオブジェが並ぶ。

湊公園会場ステージ。この時間は午後3時すぎだったのですが、6時からの点灯式を待っているのでしょうか。すでに観客の方たちが会場のイスに座っていました。









さまざまなオブジェを設置している回廊の下が売店になっている。








縁起物売店。

干支のうさぎの可愛いお守り?






色鮮やかな縁起物。







湊公園メイン入り口に吊るされている黄金の龍。きらびやかで正月らしいですね。






皇湊公園会場メイン入り口にある竜宮門。




長崎新地中華街入り口の南門(朱雀門)
湊公園会場前福建通りにある長崎新地中華街入り口の南門(朱雀門)。
湊公園会場前福建通り
地図


2008長崎ランタンフェスティバル・媽祖(まそ)行列  ☆2006年長崎ランタンフェスティバル(長崎ランタン祭り)☆

直前予約ナンバーワン!
トクー!トラベルは旅行者の視点で旅行者と共に、手軽な旅を創造する新たな旅行システムです。宿泊施設からのコミッションを一切廃止し、
 宿泊料金はすべて卸値表示としました。だから安い!!


直前予約なら、トクー!トラベル

Copyright(C)2011-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved


【HOME】