島鉄フェリー時刻表運賃表|島原口之津港〜天草鬼池港|所要時間30分
(長崎県南島原市 〜 熊本県天草市五和町)




【島鉄フェリー】
長崎県島原半島南端の南島原市口之津港(地図)から熊本県天草市五和町鬼池港(地図)を結ぶ早崎瀬戸の島鉄フェリー船上では、ウミネコがエサを求めて飛んでくる。口之津港を出港して、しばらくするとウミネコの群れがフェリーを追尾してくる。そして、甲板すれすれかすめてエサをねだってくる。スナック菓子を差し出すと、器用に取っては急旋回して遠ざかり、再び戻ってくる。純白の羽を広げて飛ぶ姿は、群青色の海と青い空によく映える。天草五和町鬼池港へ着くまでけっこう楽しめた!





島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる 島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる
おっかなビックリ。              
             「かもめさ〜ん!」手を振る。
ウミネコと戯れる。
ウミネコとカモメの違いは?
島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる 島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる
ウミネコはエサを貰えるのを待っている。      
        急旋回。
島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる 島鉄フェリー船上でウミネコと戯れる
いったん遠ざかる。                         再び戻ってくる。
島鉄フェリー・「フェリーくちのつ」の客室
   「フェリーくちのつ」の船内。客室はラウンジ風である。
島鉄フェリー・「フェリーくちのつ」の客室
「フェリーくちのつ」の船首側客室。
ラウンジ風の客室では、ゆったりした船旅気分が味わえる。



【観光の島・天草】
島鉄フェリー船上では、ウミネコと楽しむことができたが、天草ではイルカとも楽しむことができる。島鉄フェリーで天草鬼池港に着くと国道324号を走ることになる。右方向へ走ると野生のイルカと会える通詞島がある。通詞島沖には300頭ほどの野生のイルカが島鉄フェリーの航路となっているこの早崎瀬戸の豊富な魚を食べて回遊している。長崎県側の口之津漁港、天草側の五和町二江漁港の両港からイルカウォッチングの漁船が出ていて観光客を楽しませている。一方、国道を左方向に走るとイルカのショーを楽しめる本渡町の天草イルカワールドがある。船酔いが心配な人はこちらがお薦めだ。ここのイルカは飼い馴らされ訓練を受けており、アシカショーと共に観光客を楽しませてくれる。スナメリとふれあうタッチタイムもあり子供たちに人気だ。天草には海水浴場、温泉地、化石の島等の家族で楽しめる観光地があり、子供との自然と触れ合う思い出づくりには最高の場所である。また海の幸、山の幸が豊富なので大人にとって夜は酒を呑みながら食事を堪能できる楽しみがある。



↓ 【島鉄フェリー時刻表・運賃表】 ↓
島鉄フェリーの時刻表運賃表
↑ これは島鉄フェリーの乗船窓口で入手したパンフレットの時刻表・運賃表です。
平成29年3月29日現在、変更無いことを確認しましたが、詳しくは運航会社へお問い合わせ下さい
島鉄フェリーは南島原市口之津港からは対岸の天草市五和町鬼池港まで所要時間30分で就航しています。

口之津港電話番号:0957−86−2165  鬼池港電話番号:0969−32−1727





〜長崎県・橘湾に沈む夕陽〜

天草からの帰り。島鉄フェリーを口之津港で下船して、国道251号線を小浜温泉方面にしばらく走ると加津佐パーキングエリアがある。そこに差し掛かったところで、海に沈む夕陽を見ることができた。しばらく車を止めて、沈みゆく夕陽を眺めながら、疲れ気味の身体を休めた。天草西海岸の海辺で生まれ育った私は、幼い頃は毎日のように夕陽を眺めていた。今は、山に囲まれた長崎市内に住んでいて、あまり見ることが無い。久しぶりに、海に沈む夕陽を見て、子供のころの思い出が昨日のように甦ってきた。もう一度、無邪気に浜辺で遊んだ少年の頃に戻りたい・・・・・・。郷愁を覚えながら、過ぎし日々と沈みゆく夕陽を重ね合わせて感傷的になり、こころ切なくさせられるひとときを過ごした。陽が沈みきったあとは気を取り直し「さぁ明日からまた仕事だ!」と、こころ奮いたたせて、夕暮れの中、車を走らせ家路を急いだ。





加津佐パーキングエリアの夕陽・国道251号線
パーキングエリアのモニュメントと夕陽がマッチして、絵になる光景。
加津佐パーキングエリア・橘湾の夕陽
橘湾の海面に映る赤い夕陽の帯。手前へ一直線に延びてくる。



Copyright(C) 2005-2017 shirasakisekkei All Rights Reserved.


【HOME】