長崎平和公園|長崎平和祈念像長崎市松山町



【長崎平和祈念像】
長崎市松山町にある長崎平和公園。毎年8月9日の平和祈念式典は、この平和公園の平和祈念像の前で行われる。ここでは長崎市長が、全世界に向けて平和宣言を発表する。長崎平和祈念像は、わが国の彫塑界の巨匠で、文化勲章を受賞された長崎県島原出身の彫刻家北村西望の作である。被爆10周年にあたる1955年8月8日に完成した。(像の高さ9.7メートル、台座の高さ3.9メートル、重さは約30トン)
 
【長崎平和公園地図】






【長崎平和祈念像】

軽く目を閉じた顔は原爆犠牲者の冥福を祈り、天を指した右手は原爆の脅威を、水平にのばした左手は平和を表しているという。北村西望については出身地島原の島原城内に「西望記念館」がある。館内には平和祈念像の縮小版があり、祈念像の製作過程の写真などの興味深い資料が展示されている。







7月下旬、長崎平和祈念像前では
8月9日の平和祈念式典に向けて準備作業が行われていた。


横より西日を受ける
平和祈念像

正面より日を受ける
平和祈念像

長崎平和公園へ平和学習に訪れた小学生たち
戦争の悲惨さと平和の尊さを学んだことだろう




平和授業を受ける小学生

「折鶴の塔」の前で
記念写真に収まる小学生

長崎平和祈念像の両サイドには「折鶴の塔」がある
この日は小学生たちが捧げた
折鶴がたくさん飾ってあった





長崎平和祈念像作者
北村西望の言葉






5月の連休、島原城を見物
西望記念館の「巽の櫓」は
武者絵のぼりがズラリと並んでいた



西望記念館
入口プレート
島原城・西望記念館
Copyright(C)2006-2017 shirasakisekkei All right reserved.
文章作成にあたり「長崎さるく博’06さるくコースマップ浦上界隈1」を資料として使わせていただきました(管理人)

【HOME】