長崎ハウステンボス|佐世保市ハウステンボス町1-1
ドムトールン地上80mからの眺望



【長崎ハウステンボス】
ハウステンボス(ラテン文字表記:Huis Ten Bosch)は長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現して作られたテーマパークである。オランダの400年の国づくりに学びながらストーリーを作り「人と自然が共存する新しい街」『自然の息づかいを肌で感じることのできる新しい空間』を目指してつくられた。ハウステンボスは各地区毎にオランダの文化と豊かな自然が息づき、ハウステンボスで生活する人々や訪れる人々に充実したリゾートライフを提供することを目指しており、どの地区も施設や街の紋章などまでオランダ政府の協力や助言のもとにオランダにある建物を忠実に再現している。
【長崎ハウステンボス地図】





長崎ハウステンボス
ハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」の地上80メートル展望室より街並みを一望。

ドムトールン
長崎ハウステンボス・

長崎ハウステンボス・ハウステンボスジェイアール全日空ホテル
リニューアルして、
この球形の施設は
今は無い?
ハウステンボスジェイアール
全日空ホテル

客室数330。オランダのアムステルダム中央駅をモチーフにした外観。天然温泉があるとのこと。



長崎ハウステンボス・スタッドハウス 長崎ハウステンボス・アレキサンダー広場
スタッドハウス
(写真右下)

アレキサンダー広場
長崎ハウステンボス・ホテルアムステルダム 長崎ハウステンボス・パレスハウステンボス
ホテルアムステルダム(右)
中世オランダの街並みに現れた、明るく居心地のいいホテルとのこと。
ヨットハーバー
森の中の
パレスハウステンボス(奥)
ベアトリクス女王陛下の宮殿の外観を、オランダ王室の特別の許可を受けて忠実に再現しているとのこと。

ホテルヨーロッパ(右下)
格調高い外観に、19世紀ヨーロッパの邸宅の雰囲気をもつゲストルームとのこと。


【ハウステンボスの用地】
ハウステンボスの用地はかつて長崎県が工業団地として造成したが企業誘致に失敗、手つかずのままであった。この土地を長崎オランダ村株式会社(当時)が長崎県より買い上げ、草木が全く生えない土地に自然を蘇らせることからスタート。まず、土地購入費以上の投資をして土壌改良を行い、土地を掘削して堆肥を混入する有機的な方法を採用、綿密な調査や研究に基づいて植栽計画を行い、約40万本の樹木と30万本の花を植えた。



Copyright(C) 2005-2017  shirasakisekkei All right reserved.



【HOME】