2013住吉まつり情報|フラ・タヒチアンダンス

2012住吉まつり   ↑ フラ・タヒチアンダンスを踊るフラガールオヤジたちの熱演。
ステージに出てきた時は一瞬引きましたね。観客たちは、しばらく唖然としていましたが、気付いた後はヤンヤの拍手喝采でした。







↓ 2012住吉まつり

↑ 西海市のパフォーマンス集団でフラ・タヒチアンダンスを踊る「開田隊」だそうです。
とにかく笑わせてくれます。皆さんも「2013住吉まつり」の特設ステージで、フラガールオヤジたちの熱演をぜひ御覧ください。



【日本のフラ】
「カイマナヒラ」の知名度もさることながら、近年フラの人気が高まり、フラハーラウ(フラスクール)は日本全国に約300以上ある。フラの競技会も数多く開催されている。そのなかでも最大なのが毎年駒沢オリンピック公園体育館で開催されるキング・カメハメハ・フラ・コンペティション・イン・ジャパンである。ワヒネカヒコ・ワヒネアウアナ・クプナワヒネの3つのカテゴリーの優勝グループは、ホノルルで開催される同コンペティションへの出場権を獲得できる。
フラが日本で大々的に紹介されたのは、常磐ハワイアンセンターの開園時であると考えられている。ただしこの時に導入されたのはフラ・アウアナのみであり、また一部はフラではなくタヒチアンダンスであった(もっとも、ハワイにおけるフラショーでもタヒチアンダンスが披露される事は多々ある)。また、当時はフラをフラダンスと言っていたが、フラにはダンスという意味も含まれている。この為、近年、専門家の間ではフラの名称で統一されている。フラダンスもフラがダンスであることを補った一般的な用法である。また日本では長い間フラ・アウアナしか知られていなかったが、1990年頃からフラ・カヒコへの注目が高まり、現在ではフラ・アウアナとともにフラ・カヒコも実践されている。




クレンジングから夜用美容液まで豪華 5点セットを7日間分!/WEB限定

「文章作成にあたりWikipedia日本語版より引用」
Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.

【戻る】