金沢の街角風景写真石川四高記念文化交流館|石川近代文学館

【石川四高記念文化交流館】
石川四高記念文化交流館(いしかわしこうきねんぶんかこうりゅうかん)は、石川県金沢市広坂二丁目2番5号に所在する文化施設である。石川四高記念文化交流館は石川県が2008年(平成20年)に旧第四高等学校(略称は「四高(しこう)」)に関する資料の展示と文化活動の機会を提供する目的で設置した。金沢市中心部の香林坊から兼六園につづく百万石通りに面し、後方には石川県中央公園の緑地が広がる。
【石川四高記念文化交流館地図】


重要文化財旧第四高等中学校本館の門柱。

こちらは石川近代文学館の門柱。

石川四高記念文化交流館正面玄関金沢市広坂2丁目2番5号


【国指定の重要文化財】
石川四高記念文化交流館は
金沢市中心部の香林坊から兼六園につづく百万石通りに面し、後方には石川県中央公園の緑地が広がる。建物は1891年(明治24年)築の煉瓦造り2階建てで国指定の重要文化財である。正面から見て左半分は無料ゾーンの四高記念館、右半分は有料ゾーンの石川近代文学館となっている。初代館長は加賀藩主前田家18代当主の前田利祐である。




無料ゾーンの四高記念館。

有料ゾーンの石川近代文学館。
【四高記念館】
四高記念館には明治から昭和にかけて使用されていた旧第四高等学校(中学校)の歴史を展示する四高展示室4室のほか、旧四高の教室を展示、講座等に利用できる多目的利用室5室、レトロな椅子やテーブルが備えられたレトロ体験室1室がある。同地が金沢市の中心部にあり、街中の活性化を図るため、無料ゾーンとして開放されている。。
【石川近代文学館】
石川近代文学館は泉鏡花、徳田秋声、室生犀星など石川県ゆかりの文学者の著作や遺品などを集めた文学館である。有料ゾーンとなっている。2008年のリニューアル前は石川県が財団法人石川近代文学館に建物全体の管理を委託し、同財団が文学館の運営を行っていたが、リニューアル後は石川県が建物を公の施設として直接管理運営し、文学館エリアの運営を同財団に委託している。



石川四高記念文化交流館

石川四高記念文化交流館は1891年(明治24年)に建てられた旧第四高等中学校本館である。翌1892年(明治25年)の旧第四高等中学校開校から1950年(昭和25年)の旧第四高等学校閉校まで旧制高等学校として使用され、次いで1964年(昭和39年)まで金沢大学理学部として使用された。その後も金沢地方裁判所、石川県立郷土資料館として保存・活用された。1969年(昭和44年)3月12日には貴重な煉瓦造りの初期公立学校であるとして重要文化財に指定された。1986年(昭和61年)、石川県立郷土資料館が本多の森公園に移転したことに伴い、隣接地にあった石川近代文学館が移転入館。2008年4月26日に現施設としてリニューアルオープンした。所有は文部科学省であり、石川県が文化庁から使用許可を受けている。



石川四高記念文化交流館前の百万石通り歩道。
金沢市中心部の香林坊へと続く。


石川四高記念文化交流館の中庭から百万石通りを見る。


「文章作成にあたりWikipedia日本語版より引用」
Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【トップへ】