金沢の街角風景写真金沢の町並み|長町武家屋敷跡|旧加賀藩士

【金沢長町武家屋敷跡】
金沢長町武家屋敷跡(かなざわながまちぶけやしきあと)は、石川県金沢市にある観光地で金沢市中心街の香林坊近くの長町にある。近代的なビルが建ち並ぶ百万石通りの大通りから少し離れているだけだが、武家屋敷界隈は昔ながらの静かな佇まいの中、加賀藩時代の上流・中流階級藩士の侍屋敷が軒を連ねている。土塀と石畳の路地が続いており、藩政時代の情緒ある雰囲気を味わうことができる。長町の由来は加賀藩前田家の重臣である長氏の屋敷があったことからが長町の地名がついている。
【金沢長町武家屋敷跡周辺地図】

金沢市・長町武家屋敷跡周辺案内図
【金沢市・長町武家屋敷跡周辺案内図】






金沢の武家屋敷跡界隈の町並み
金沢の武家屋敷跡界隈の町並み。石川県金沢市長町。
金沢の武家屋敷跡界隈の町並み
長町武家屋敷跡周辺地域。
金沢市の武家屋敷跡界隈の町並み
金沢市の武家屋敷跡界隈の町並み。武家屋敷の廻りには近代的なビルが建ち並ぶ。






金沢市長町武家屋敷跡界隈
金沢市の武家屋敷跡界隈の町並み。





金沢市長町武家屋敷跡界隈
近代的なビルの近くで昔ながらの武家屋敷が静かに佇む。


武家屋敷の近くには近代的なビルが建ち並ぶ。
金沢市長町武家屋敷跡界隈
金沢市香林坊近くの長町武家屋敷跡界隈。武家屋敷野村家、旧加賀藩士高田家跡などがある。


【観光都市金沢】
金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地で人口46万3千人の城下町である。金沢市は江戸時代には、大名中最大の102万5千石の石高を領する加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化(加賀宝生や郷土料理の治部煮等)などにより、観光都市として知られる。


北陸の隠れた銘品・逸品が勢揃い!|百選横丁|北陸から全国に情報発信

「文章作成にあたりWikipedia日本語版より引用」
Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【トップへ】