金沢の街角風景写真|金沢城公園|広坂緑地|百万石通り|兼六園



【金沢城公園】
金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった城である。加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。金沢城は金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である。城の周囲には、大手堀、いもり堀、百間堀(ひゃっけんぼり)、白鳥堀(はくちょうぼり)が存在した。現存するのは大手堀のみで、他の3つの堀は明治時代末から大正時代にかけて埋め立てられ道路などになった。このうち、いもり堀は復元作業が行われ、2010年4月に再び水が張られた。
【金沢市・金沢城公園地図】





金沢城公園 
金沢城公園の一角
左に写る建物は
石川県政記念しいのき迎賓館
金沢城公園
金沢城公園
石垣の根元に
復元された
いもり堀がある
金沢城公園
金沢城公園の一角
石垣の下には「いもり堀」がある
手前は広坂緑地



【大名庭園】
この地は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。寺とはいうものの大坂の石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により滅ぼされ、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。兼六園は、加賀藩4代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。




金沢城公園
兼六園と続く百万石通りに面した歩道
広坂交差点を見る






金沢城公園
広坂緑地を挟んで
「石川県政記念しいのき迎賓館」がある。
金沢城公園
百万石通りの歩道から
広坂交差点を見る





Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【HOME】