金沢の街角風景写真香林坊2丁目|金沢百万石通り|香林坊商店街


【石川県金沢市】
金沢市(かなざわし)は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地で人口46万3千人の城下町である。金沢市は江戸時代には、大名中最大の102万5千石の石高を領する加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化(加賀宝生や郷土料理の治部煮等)などにより、観光都市として知られる。
【香林坊百万石通り地図】





北國新聞ビル
高くそびえ立つビルは
金沢市南町・北國新聞社ビル

地図
北國新聞赤羽ホール
金沢市南町
北國新聞赤羽ホール

金沢香林坊百万石通り
金沢香林坊百万石通り。
香林坊2丁目交差点(北國新聞社前)より尾山交差点方向を見る。
金沢信用金庫ビル、朝日生命金沢ビルが見える。





【香林坊百万石通り】
金沢香林坊(こうりんぼう)は、石川県金沢市中心部に位置する金沢一の繁華街である。町名の由来は、比叡山の僧であった香林坊が還俗して、この地の町人向田家の跡取り向田香林坊(むこうだこうりんぼう)となり、以来目薬の製造販売に成功して「香林坊家」として繁栄したという説が有力である。香林坊商店街は香林坊交差点を中心とした商店街であり、若者から観光客まで幅広い客層をターゲットとしている。大和の本店がある「香林坊アトリオ」、ファッションビル「KOHRINBO109」が中核の商業施設である。






金沢香林坊百万石通り
香林坊百万石通り
香林坊2丁目側から
香林坊1丁目方向を見る。
金沢香林坊百万石通り
香林坊百万石通り歩道
香林坊2丁目バス停
(北國新聞社前バス停)
金沢百万石通り香林坊商店街
百万石通り香林坊商店街には
損保会社、生保会社、ホテル、大型商業施設等が建ち並ぶ
金沢一の繁華街である
クリーム色のビルは香林坊アトリオ




【香林坊の歴史】
1923年(大正12年)片町に宮市百貨店が、1930年(昭和5年)武蔵ヶ辻に三越が開店し、相対的に客足が遠退いた。しかし、1986年(昭和61年)、市街地再開発事業である香林坊アトリオのキーテナントとして、宮市百貨店を前身とする大和が香林坊に移転し、再び金沢市の中心的商店街となった。このほか、同時期の市街地再開発事業で誘致されたKOHRINBO109などの商業施設があり、若者の集まる街になっている。
【交通アクセス】
金沢駅からバスでおよそ10分。また、郊外方面の路線バスや金沢ふらっとバスも発着している。この他に通常の路線バスに加え、2007年頃より「まちバス」や「兼六園シャトル」といった100円の循環バスが運行するようになり、香林坊を経由している。ただし、これらは土休日など運行日が限定される。北陸鉄道グループの金沢市内運行路線バスのほとんどがここを通過し、金沢市内の一大バスターミナルとして機能している(ただしバス停留所は散在)



Copyright(C)2005-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【HOME】