福岡天神
九州の商業の中心地・九州一の繁華街

【福岡天神地区は商業施設やオフィスビルなど様々なビルが立ち並ぶ九州の商業の中心的場所であり、九州一の繁華街である。博多駅・博多地区から地下鉄で数分の距離にあり、九州規模での視点では同一の経済圏として扱われる。全国的にも有名な歓楽街の中洲も近隣にある。高度経済成長期以降、日本各地の主要都市の中心部には高層ビルが建ち並んできている中、福岡市中心部に位置する天神には見上げるほどの高層ビルが1つも建っていない。これは、天神地区が福岡空港に近いため、航空法で定められる制限表面により建物の高さに制限があるからである。天神地区の場合約70メートルの高さまでしか建てられない。
【福岡天神地図】






【福岡天神】
福岡天神/天神交差点
渡辺通り(わたなべどおり)の天神交差点から
西鉄福岡天神駅方向を見る




天神橋口交差点渡辺通り
天神橋口交差点横断歩道より渡辺通り西鉄福岡天神駅方向を見る。渡辺通りは福岡県福岡市中央区天神橋口交差点から渡辺通1丁目交差点までの福岡県道602号後野福岡線の愛称。渡辺通りは九州最大の繁華街天神を南北に貫く通りで、渋滞が激しく、ピーク時の混雑度は全国でも有数である。特にバスの台数が多く、朝夕のラッシュ時は10台以上列をなす路線バスが見受けられる。また、通りの左右には百貨店や商業ビル、オフィスビルが立ち並び、天神橋口交差点~渡辺通り4丁目交差点の地下には天神地下街がある。







天神橋口交差点ミーナ天神ビル
渡辺通りと昭和通りが交わる天神橋口交差点
ミーナ天神ビルを見る


博多から直送、かねふく辛子明太子

かねふくの辛子明太子は、
博多工場から大切なあの方へ美味しいご挨拶をお届け致します。



天神橋口交差点・昭和通り
天神橋口交差点より昭和通り福岡中央郵便局側を見る。昭和通り(しょうわどおり)は、福岡県福岡市博多区石堂大橋から中央区荒戸交差点までを結ぶ、市道博多姪浜線の愛称。福岡市内でも有数の広さを誇る通りで、終日車の流れが絶えない。天神付近での道路幅員から、以前は「50m道路」と良く呼ばれていたとのこと。




天神橋口交差点・フタタビル・ダイエーショッパーズビル
渡辺通りと昭和通りが交わる天神橋口交差点より
フタタビルと天神北交差点側の
ダイエーショッパーズビルを見る。






天神交差点・明治通り
天神交差点から明治通り(めいじどおり)天神1丁目交差点側を見る。明治通りは、福岡県福岡市博多区東大橋から福岡県福岡市西区小戸西交差点までの市道千代今宿線の愛称。名前の由来は道路のほとんどが明治時代につくられたためである。かつては国道202号線であったことから現在でも旧202号などと呼ばれることがある。



那珂川・キャナルシティ博多
福岡市中心部を貫く那珂川に架かる春吉橋より上流側キャナルシティ博多を見る。【キャナルシティ博多は不動産会社福岡地所が、1996年4月に、鐘紡の工場跡地にオープンさせた。 大きく分けて、シアタービル、福岡ワシントンホテル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビル、グランドハイアット福岡の6つのビルから構成されている。英語で「運河」を意味する「キャナル(canal)」の名前の通り、施設内に運河が流れている。





Copyright(C)2007-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【HOME】