JALリゾートシーホークホテル福岡
福岡Yahoo! JAPANドーム(ヤフードーム)
【福岡ドーム】
福岡県福岡市中央区地行浜二丁目2番2号

【福岡ドーム地図】


JALリゾートシーホークホテル福岡は1995年4月28日、シーホークホテル&リゾートとして開業したホテル。2005年3月1日よりJALホテルズに運営委託され名称変更となった。「都市型リゾートホテル」のコンセプトで建設され、ショッピングゾーンの「シーホークアベニュー」や亜熱帯植物が生い茂る吹き抜けのアトリウムなどを持つほか、全室オーシャンビューとなっている。外観は博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフとしている。また、地上143m(36階建て)の高層ホテルであり、福岡タワーを除くと市内でもっとも高いビルである。




JALリゾートシーホークホテル福岡
JALリゾートシーホークホテル福岡
JALリゾートシーホークホテル福岡は
地上143m(36階建て)の高層ホテルである。

【福岡ドーム(ふくおかドーム)は、日本の福岡県福岡市中央区地行浜二丁目のホークスタウンにある開閉式屋根を持つ多目的ドーム球場。2005年より、ホークスを所有するソフトバンクの子会社にあたるヤフー・ジャパンが命名権を取得し「福岡Yahoo! JAPANドーム(ヤフードーム)」となった】


福岡ドーム(ふくおかドーム)
モール1側より
「JALリゾートシーホークホテル福岡」
見る
福岡ドーム(ふくおかドーム)
福岡Yahoo! JAPANドーム
(ヤフードーム)
西側の大階段
福岡ドーム(ふくおかドーム)
西側大階段を登って
ヤフードームのゲート6番側遊歩道より
「JALリゾートシーホークホテル福岡」
を見る



トクー!トラベル
国内最大の宿泊マイレージサービス【タビータ】

ベストレート保証+旅マイルで、旅行がお得に。《タビータ》


福岡ドーム(ふくおかドーム)
西側大階段を
登りきって
ゲート5番側
広場

福岡ドーム(ふくおかドーム)
西側大階段を
登りきって
ゲート4番側
を見る。
ホークスタウンモール
西側大階段の上より
ホークスタウンモールを
見る。
国立病院機構九州医療センター
西側大階段の上より
国立病院機構
九州医療センター側を
見る。
暖手(だんて)の広場
暖手(だんて)の広場

「暖手(だんて)の広場」にあるモニュメント。文化・スポーツ・芸術・学術など各分野で活躍した著名人の立体手形を再現したブロンズ製のモニュメントが、それぞれの直筆サインを記したプレートとともに展示されている。ホークスの選手、王監督の手形はもちろんのこと、マイケル・ジャクソンやポール・マッカートニーなど世界的に著名な人物の手形もあり、総勢200体以上が自由に"握手"できるように展示されている。








福岡Yahoo! JAPANドーム(ヤフードーム)
ダイエーホークス時代の試合前練習風景。写っている背番号52は川崎選手。この時は、まだ売り出し中で全国的には無名だったが、博多では、すでに人気者になっていて、ネット裏には若い女性ファンがいっぱい群がっていた。【川崎選手は中学生までは投手をしていたが、高校生の時に遊撃手に転向。鹿児島工業高校時代は、中央球界では無名の存在であったが、地方大会1回戦でランニングホームランを達成するなど地元では優れた野球センスで有名になり、そこに目を付けた福岡ダイエーがドラフト指名した。勝負強いシュアなバッティングと俊足が持ち味。“ムネリン”の愛称で親しまれ、甘いマスクで特に女性人気が高い選手である。現在チームの中心である松中信彦とともに「練習の虫」として知られており、秋山幸二、小久保裕紀、松中と続いてきたホークスのリーダーの系譜を受け継いでいく選手としても期待されている。】



福岡Yahoo! JAPANドーム(ヤフードーム)
試合終了後、
屋根が開き始めた
福岡Yahoo! JAPANドーム(ヤフードーム)
全開した屋根
【福岡ドームの屋根は3枚のパネルからなり、このうち2枚が左右に120度旋回移動することにより、約20分で開閉する(全開時の開口率は60%)。屋根部分の総重量は約12,000t。1回の稼動コストは10万円程度かかるらしい。開閉はホークスがホームゲームで勝利した場合のパフォーマンス、あるいは試合前の練習などの時に限られる(この「ルーフオープンショー」は、スポンサーの協賛となる)。また、オープン当初は天候に合わせて晴れの時は開いた状態で試合をするはずだったが、「構造上反射角の違いが選手のプレーに支障をきたす」とクレームがついたことや、近くに病院(国立病院機構九州医療センターや、こども病院)があり騒音が問題となるため、1999年を最後に開いた状態での試合は現在行われていない。】




Copyright(C)2007-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【HOME】