三沢市役所青森県三沢市|三沢市の風景
三沢空港と米軍三沢基地がある大空のまち

三沢市は青森県の南東部に位置し、東は太平洋、西は小川原湖に臨んでいます。東西約11km、南北約25km、面積120.08平方kmの平坦地で、世界的に重要な湿地としてラムサール条約に登録された「仏沼」を始めとする豊かな自然に恵まれています。古くから馬産地として栄えた県南にあって、三沢市域は江戸時代には藩政牧場の「木崎牧」に含まれ、人々は馬産や漁業に携わっていましたが、太平洋戦争後に旧日本海軍飛行場が米軍三沢基地となり、三沢市は大きく変貌しました。 現在は、全国有数の航空施設がある大空のまちとして、約4万3千人の人口に加え9千人弱の米軍人、軍属及びその家族が暮らし、異国情緒漂う国際都市として独自の発展を続けています。(三沢市HPより抜粋)


【青森県三沢市役所地図】
 





三沢市役所(青森県三沢市桜町一丁目1番38号)







三沢市役所を正面入り口から見る。
【三沢空港】
三沢空港の歴史は1941年(昭和16年)に旧日本海軍が三沢地区に三沢飛行場を開設したことで始まる。1942年(昭和17年)には三沢海軍航空隊が創設された。終戦直後、米軍が空港を接収し拡張を行った。現代では第35戦闘航空団が駐留している。航空自衛隊は、1958年(昭和33年)には北部航空方面隊司令部が発足した。米軍及び航空自衛隊の所属航空機はF-16、F-2、F-4、E-2C、P-3C、CH-47などがある。 民間航空については、最初の旅客機就航は1952年(昭和27年)、日本航空による三沢-東京、三沢-千歳線であった。途中、約10年もの間就航が中止された時期もあったが、1975年(昭和50年)に東亜国内航空によって就航が再開された。現在では日本航空による三沢-東京、三沢-大阪の便が運航されている。米軍、航空自衛隊、民間の三者が共同使用している空港は日本で三沢空港ただひとつである。「文章作成にあたりWikipedia日本語版より引用」






三沢市役所前の桜。



熊本・阿蘇の麓にある村田園の『万能茶(ばんのうちゃ)』は、どくだみ・はぶ茶・くま笹など
様々な天然素材を配合した健康茶です。

     

健康茶なのにおいしい『万能茶』送料無料のお試しセット(1,000円)村田園の万能茶・粋





三沢市役所前の桜。





三沢市役所前通り。青森銀行三沢支店が見える。

三沢市(みさわし)は、青森県東部にある市。在日米軍三沢基地が所在し、そこに所属の軍人・軍属とその家族で約1万人も住む。基地所属部隊は米国各軍(主に空軍)及び航空自衛隊。三沢市の外国人登録人口は全人口の1%程度だが、米軍の三沢基地に関連して約1万人のアメリカ人が住んでいるため、人口の20%程度がアメリカ人であるといえる(2007年7月末)。ただし、基地内に商店や飲食店があるため、基地外に出て来る機会が少ないのか、それだけのアメリカ人がいる感じはしない。三沢市人口 : 43,008人。 米国人・軍属及びその家族 : 約10,000人。 「文章作成にあたりWikipedia日本語版より引用」





白髪やダメージヘアもこれ一本でキレイ染め!≪サスティ≫利尻ヘアカラートリートメント

      

髪を染めるとかゆくなる方へ
自宅で簡単、さらに経済的!こんな白髪染めが欲しかった!

Copyright(C)2011-2017 shirasakisekkei All right reserved.


【トップへ】